前へ
次へ

賃貸マンションでの原状回復義務

会社やお店をするときに貸事務所や貸店舗を利用する時がありますが、利用を終えるときは原状回復をするのが一般的です。このときの原状回復はほぼ利用前の状況に戻すことで、スケルトンと呼ばれる何もない配線がむき出しになった状態に戻して引き渡しをします。当然そのための費用は借主が負担しなければいけません。その一方で賃貸マンションを利用して退去するときがありその時にも原状回復義務があります。貸事務所などのように借りたときの状態に戻す必要があるかです。賃貸マンションは貸事務所などと違ってスケルトンの状態ではなく、配線や水回りの設備が整った状態で貸し出されます。まず返すときは設備などは借りたときの状態にする必要がありますが、気になるのは床の傷みや壁紙の傷みなどになるでしょう。借主が故意に傷つけたりすると修理費用を負担しなければいけませんが、通常の利用で発生する傷みに関しては原状回復義務はありません。畳の交換を契約書で義務付けるときもありますが、法律上は負担の必要はありません。

Page Top