前へ
次へ

賃貸マンション借りる際に

新生活が始まる季節が近づいてきて、賃貸マンションを初めて借りるという方も多くいるのではないでしょうか。その際に不安に思われている方もいらっしゃると思います。賃貸契約を交わす際に気を付けてもらうことは、不明な部分・曖昧な部分を残しておかないということです。初めての方は、不明な点や曖昧な点そのものがわからないという方もいらっしゃるでしょうが、簡単なことでいいのです。敷金礼金の確認、敷金の返還。汚れとはどこからが汚れなのか、入居時にすでについている傷は双方確認済みなのか等、何でもいいです。気になる点、わからない点、全部大家さんや不動産屋さんに聞くようにしましょう。可能であれば書面に残してもらうことが一番です。これから部屋を借りてお付き合いの始まる大家さんに嫌なイメージを持たれたくないと考える方もいらっしゃるでしょうが、考えてみてください。最初にきちんと話をしておいて、不安も不満もなく生活を続けていき双方満足がいっている入居者と、何かある都度話し合いが必要な入居者ではどちらが大家として楽でしょうか。家賃収入で暮らすのに一番助かるのは、いい入居者が長く入ってくれることです。それを踏まえ、賃貸マンションを借りる際には遠慮なくどんどん質問して、満足のいく新生活を送ってください。

Page Top